講演会でアウトプットをして自分のものにする

講演会でおはなしをさせていただいたこと

今日、講演会でおはなしをさせていただきました。

その中で、ふっと思い出した「ビリギャル」の坪田先生のこと。

ビリギャルで有名な坪田先生が
梅田で講演会をされたときの話を思い出しました(*^^*)

それから何度もあちこちに足を運んだので(笑)
かなりお話は聞いています。

大切なのはアウトプット

その第一回目大阪での坪田先生のお話から学んだことの一つにアウトプットがあります。

まだ発語がない、覚えられないという大抵のおうちの方には
今はインプットしましょう!とお話をして いますが、
繰り返しているうちにアウトプットができるようになってきます。

さて、では私は今はどうアウトプットしているかというと、

いいお話を聞いてきた、とお友達に、そして講座の参加者の方に。

だから、私の講座って話がそのときによって違うことも出てくるんですよ。

中島輝先生のところで学んだことも、できるだけすぐにアウトプットすることで・・・・

それで自分のものにしていく。

それを伝えていく。

まずはやってみる、が大事なんだなーと実感しています。

アウトプットにプラスの言葉を入れると
プラスが当たり前になる。
これも納得できます。
脳の仕組みがそうなっているから!

声にだす言葉をできるだけプラスにリフレーミングして 言ってみよう。

そしたら、うまくいくことばかりになるはず!

私にも言い聞かせ♪

Follow me!

The following two tabs change content below.
志田美智代

志田美智代

元教員 教育現場歴24年 のべ1万名以上の生徒を指導しています。 初めて子育て教育専門家 
志田美智代

最新記事 by 志田美智代 (全て見る)

コメントを残す