綺麗な文字の書かせ方

文字を綺麗に書かせたいと思ったのなら・・・・

きれいな字をほめて、汚いなと思った字はあえてスルー!するんです。
これに限ります☺

ご相談を受けたお子さんは今では

とても長い作文を書いたりできるようになったんです。

お母さんからの感想♡いただきました!

みっちゃん先生と話して教えてもらった事は

『子供がやる気がある時がチャンス‼』

そこでちょっとだけ子供の背中を押すと子供はグンと成長するんだな!って再認識しました。

あとは年齢が高くなると手を抜くことを知恵としてつけ考えるから

今、きちんと親が出来ることを教え

子供をサポートする。

そして子供は自分のモノに出来たという達成感を持ってくれるといいなと思ってます。

一年生のお持ちのママです。

さて、それでは日記や作文を書くのを嫌にならないために。。。

ひとつはその子に合った鉛筆を使っているか?

書くのが楽しいのであればいいですが・・・・

めんどくさい、と言うのなら

その理由は??

。。。わからない。
。。。画数が多い。
。。。疲れる。

鉛筆の芯が固いと手が疲れます。

また手の体力もないと疲れます。

2年生以降は画数が増えるのでもっと、簡単なうちにつけておくとよいですね。

他にも自己採点。

子供ってマルつけや100と書くのが好きです(^o^)

などなど学習ヒントもた~くさん私は持っていますよ♪

Follow me!

The following two tabs change content below.
志田美智代

志田美智代

元教員 教育現場歴24年 のべ1万名以上の生徒を指導しています。 初めて子育て教育専門家 
志田美智代

最新記事 by 志田美智代 (全て見る)

コメントを残す